Ubuntu 用の GitLab 自動インストールスクリプトを書いた

以前 CentOS 6.4 用の GitLab 自動インストールスクリプトを作ったが、GitLab 6.0 も出たことなので、新たに Ubuntu 用のものも用意した。これを使えば、1ステップで Ubuntu Server 上に GitLab 環境を構築できる。

GitLab 6.0 ログイン画面

GitLab 6.0 ログイン画面




前提

このスクリプトは、クリーンインストールした直後の Ubuntu Server での利用を想定している。動作確認は、Ubuntu 公式の Ubuntu Server 12.10 amd64 の Vagrant イメージ (quantal-server-cloudimg-amd64-vagrant-disk1.box) を用いて行なっている。OS のバージョンはおそらく 12.10 以上でも動くはずだ。

使い方

基本的には Cent 用のもとの同じで、はじめにホスト名を設定する。

$ sudo hostname gitlab.example.com

あとは GitHub に置いておいたインストーラを実行するだけ。 (※ 実行する場合は自己責任でお願いします)

$ curl https://raw.githubusercontent.com/akagisho/gitlab-installer/master/ubuntu.sh | sudo bash 2>&1 | tee gitlab-installer.log

そしてしばし待機。

スクリプトのポイント

インストール自動化のために、Cent 用のものに加えてさらに次のような点を工夫した。

  • debconf-set-selections を使用して、Postfix や MySQL のインストール時に確認画面を出さない

GitLab 6.0 になって global な namespaces がなくなったりと、なかなか大胆な変更もあるが、今後も注目していきたい。


(2013/11/06 追記)
GitLab 6.2 を入れるようにした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました